東京でオフィスを借りる前にバーチャルオフィスをまずは検討

きれいな会議室

バーチャルオフィスなら格安で東京の一等地で登記することができる

お洒落なイス

東京に事務所を開設する時に賃貸を利用する場合、賃料が高くなってしまいます。高額な賃料が負担になるなら、これから新しくビジネスを立ち上げようとする人は、それが障害になって始められないことになるでしょう。しかし、バーチャルオフィスを活用すれば初期コストを抑えられるので解決します。バーチャルオフィスは住所を貸すサービスで、郵便物の受け取りや電話やファックスの転送サービスなども利用することが可能です。
事務所のリアルスペースが貸し出されるわけではありませんが、事務所の住所を自宅とは別に持つことができるので、プライベートとビジネスの住所を分けられます。バーチャルオフィスによっては、レンタルオフィスと同じようにオプションでスペースを貸し出すケースもありますし、会議室を借りられる場合もあるなど、仕事で何かと便利に使える仕組みです。場所も東京の一等地に多くあるので、場所によるイメージアップにもつながります。そして、登記もすることができるので、会社の本店所在地を東京の一等地にすることもできます。月額1万円未満で利用できるところも多く、実際に賃貸でビルの一室を借りるよりもかなり大幅なコスト削減につながります。

使いやすい立地とサービスが特徴の東京のバーチャルオフィス

東京でビジネスを始めるにあたり、賃料負担をできるだけ浮かせる方法として、バーチャルオフィスの利用を考えている方も多いでしょう。バーチャルオフィスを使うことで、まず、東京で事業用物件に入居する莫大なコストを大幅に削減できるメリットがあります。加えて、自宅を事業所として不特定多数の人間に情報公開せずに済むというセキュリティ上のメリットも見過ごせません。しかし、東京でバーチャルオフィスを利用するメリットは、これにとどまらず、ほかに大切なポイントがあります。
それは、東京のバーチャルオフィスは、比較的知名度の高いエリアにあるものが多く、そうした立地のオフィスを事業用アドレスとして使うことで、未知の顧客からも一定の信頼を得られやすいのです。従って、数あるバーチャルオフィスの中から、自分のビジネスのために一つ選定する際には、経済性、セキュリティに加え、立地エリアのネームバリューも考慮に入れるといいでしょう。また、会議室やインターネットの設置状況なども事前にチェックして、利便性の面でベストなところを探せば、契約後も満足して利用できる可能性が高いでしょう。自宅からの交通の便がいいことも、忘れずにチェックしたいところです。

東京で安く安全に起業するならバーチャルオフィスを使おう

東京で起業して自分がビジネスの看板役として表に出るようになると、お勤めしていたころとは異なる様々な配慮が必要になってきます。例えば、自分ひとりでやっている小規模事業の場合、わざわざ高い賃料を払って立派なオフィスを借りる必要はないと多くの人が考えるでしょう。そうかと言って、自宅を事業所として使うと、色々な場面で自宅住所を第三者に開示しなければならなくなってしまいます。これはかなりリスキーなことですので、可能な限り予防手段を講じたいところですが、そのために役立つのがバーチャルオフィスです。
東京は、フリーランスやスモールビジネスで起業する方が非常に多く、こうしたニーズも沢山あります。そのため、オフィス物件を借りて高額賃料を負担することなく、ビジネス用の住所を借りられるサービスが発展しているのです。バーチャルオフィスで借りた電話番号やアドレスは、パンフレットやウェブのコンタクト情報として、あるいは、営業先で配布する自分の名刺に記載可能です。
事業所の物件に入居して仕事に使うわけではないため、東京とは言っても、バーチャルオフィスの利用料は大変お安くなっているのも、大きなメリットです。是非、活用してはいかがでしょう。

特にコストを抑えたいとお考えの方にお薦めなのが【レゾナンス】のバーチャルオフィスです。【レゾナンス】のバーチャルオフィスは東京の一等地を格安金額で利用できるため、メリットが大きいです。