東京でオフィスを借りる前にバーチャルオフィスをまずは検討

きれいな会議室

できるだけ安く東京で起業するならバーチャルオフィスが便利

駅前の風景

起業時に自分のビジネス用のオフィスを構えることが必須と考える人はまだまだ多いです。確かに、自宅を事業所として使うことには、何かと不便がつきものです。また、不便なだけではなく、個人情報の保護という観点からも、可能であれば業務用スペースと自宅は区別したいところでしょう。そこでネックになるのが、東京でオフィスを借りる費用の高さです。小さなものでも、実際のオフィス物件を借りれば、月々の家賃負担はかなり重いでしょう。
しかし、東京でバーチャルオフィスを契約すれば、話はまるで変ってきます。例えば、大半の実務をパソコン一つで処理できるタイプのビジネスなら、まともに東京のオフィス物件を借りる必要性も価値も大きくはないでしょう。そんな場合は、実質的に家を職場として使いつつ、対外的に明示する事業所としてはバーチャルオフィスのアドレスを使うわけです。
物件への入居を伴わないオフィス利用ですので、利用料は通常のオフィス賃料とは比較にならない安さです。これで、起業へのハードルをぐんと下げることができるでしょう。東京は、バーチャルオフィスのニーズも高く、様々な付加サービスも提供しているバーチャルオフィスが沢山あります。是非、チェックしてみましょう。