東京でオフィスを借りる前にバーチャルオフィスをまずは検討

きれいな会議室

初期費用を抑えられるバーチャルオフィスを東京で利用しよう

シンプルな机

独立を考えているものの、事務所を構えたり広告宣伝を行うなど、初期費用の高さを考えるとしり込みしてしまう人も多いのではないでしょうか。特に、独立する場所として東京を予定しているなら、オフィスを構える費用だけでかなりの資金を投じなければならないでしょう。ビジネスの性質上、独立したオフィススペースが必須でないなら、同じ東京のオフィスとは言っても、バーチャルオフィスを活用するという選択肢もあります。
バーチャルオフィスの具体的な活用方法としては、まず、東京のどこかのバーチャルオフィスと契約して、日常の実務は自宅ないし近隣で利用できる施設で対応します。ホームページを設置したり、営業活動用に名刺を用意する際には、契約しているバーチャルオフィスの住所と電話番号を載せ、対外的には、そこが事業所の所在地であると明示します。
会議が必要な折には、貸会議室を別途予約することもできますが、ミーティングルーム併設のバーチャルオフィスなら、そこを借りることも可能です。普段の業務にオフィス物件そのものを使わないことから、高額のオフィス賃料の代わりに、リーズナブルな利用料金を支払うだけで済みます。独立の初期費用を抑えるには、最善のやり方と言えるでしょう。